ビジネスチャンスは講義の中にあるのかも。

ビジネスチャンスがほしいと思って、本を読んでいたことがあるのですが、案外小さなことがヒントになって、アイデアがわいてくることってあります。だから、何かのきっかけって大事だなあって思うんです。本も出会いっていうように、ビジネスも出会いが大事かなって思いました。そのきっかけを作ってくれるものとして、講義を聞くっていうのも1つの手かと思います。たくさんの同じ志の人が集うというのは、もうそれだけでビジネスチャンスだといえるかも知れませんね。

チャンスって、案外小さいところにあるのですが、その多くは人と人とのつながりで発生するんだろうなって思います。やはり自分ひとりだとできることに限りがあるから、どうしても、あまり発展しないと思うんですよね。所詮ひとりでできることの範囲って限りがあるものだし。だから、誰かと結びついて協力しあえたら、それって素敵だなって思います。お互いの得意分野で認めあえたらいいかなって思って。自分の得意分野はだれでもあると思うけど、自分の不得意分野までがんばってできるようになるのって、悪くはないけど、効率は悪いと思うんです。それに、園分野が得意と思っている人にはやっぱり勝ってっこないんですよね。無理して不得意分野を克服するよりかは、お互いの得意分野を生かして共存していく方が意味があるのかも知れません。

ビジネスの講義を聞くことで、人とつながるチャンスも増えるのではないでしょうか。

Filed under: システム・セキュリティ — uncov 11:43 AM

居住している地域と最近の通勤方法について思うこと

最近、節電やエコロジーの考え方の広まりによって、通勤や通学に自転車などを利用される方が増えてきているように見うけられます。全国的に見てみますと、地域特性も異なりますので、一概に自転車通勤が便利であるということもできないのですが、都市圏などを中心にこうした動きが広がってきているのではないかと思います。特にご自宅から数キロ圏内に勤め先などがある場合には、非常に便利な通勤手段であるということができるのではないのでしょうか。先の震災では、電車が停電によって動かなくなったり、道路が大渋滞して混乱をしたりしている中で、徒歩で一生懸命に帰宅された方もいらっしゃったのではないかと思います。そうした経験を踏まえて、ご自宅周辺の地理を経験的に頭に入れておく方法として、自転車を利用されることも良い方法なのではないかと考えています。こうした自転車にもさまざまな種類のものが存在していて、実用的なタイプのものから、電動アシスト付きの自転車、さらにロードバイクやマウンテンバイクなど、多岐に渡る内容から選択することができるようになってきています。それ以外には、スポーツウェアやシューズ、バックパック、携帯用のナビゲーションシステムなど、周辺のアイテムを揃えることで雰囲気を演出することもできるのではないかと思っています。こうした道具はいざというときにも役に立つことが多く、防災用具と兼用してお選びになられる場合もあるようです。このように人気が出てきている自転車通勤ですが、交通ルールをしっかりと守って利用することができるように気をつけたいものだと思っています。

Filed under: 旅行 — uncov 5:27 AM

同じ趣味を持つ友人と料理を楽しむ

料理が趣味の人は、自炊をするのも苦にならないはずです。
料理というのは毎日作り続けることによってだんだんと手際もよくなり、味もよくなっていくものです。
ですので、そうやって毎日作り続けることによって、日々成長していける事でしょう。
しかし自分で作って自分で食べるだけでは、楽しみが足りない気がします。
せっかく作るのであれば、誰かに食べてもらうようにするといいでしょう。誰かに食べてもらうことによって、味の評価をしてもらうことができますので、さらなる成長へとつながるのです。

しかし、そこまで腕を磨こうという気持ちがないのであれば、単に料理をするのを楽しむだけでもいいのです。
料理を楽しむのであれば、共通の趣味を持つ友人と一緒に作るのも楽しそうです。

一緒に料理を作ったり、作った料理を持ち寄って、ホームパーティーをするのも楽しいでしょう。ホームパーティーをするのであれば、その時には持ち寄った料理について話も盛り上がるはずです。
例えば隠し味に何を使っているとか、料理のポイントは何だとか、話題は尽きそうにありません。そして、次回料理をするときの参考にもなるはずです。
同じ趣味を持つ仲間と一緒に、趣味を楽しみたいものです。

Filed under: 趣味・ホビー — uncov 12:51 AM

料理が趣味な人は料理関係の仕事に就く

生きていく上での楽しみというのはどんなことがあるでしょうか。
やはり自分の好きなことを毎日して過ごせるというのは、とても幸せなことで楽しみとも言えるでしょう。
例えば、自分のしたいことと言えば趣味があります。
趣味の中には、音楽をきいたりドライブをしたりと人それぞれ様々な趣味があるものです。
他にも女性に多いのが料理が趣味という人です。
料理が趣味なのであれば、それを生かして、仕事をすればいいでしょう。
例えば調理師の資格を取ってみたり、パティシエの道に進んでみるのもいいでしょう。自分の趣味を仕事に生かせるのであれば、毎日仕事に行くのが楽しいというものです。
ですので、まずは調理師の資格を取るようにするといいでしょう。

そうすることによって、働ける範囲が広がっていきます。
ですので、より自分に合った職場を見つけられるようになります。
趣味を生かして働くことができるのであれば、仕事をしながら学べることも多いですので、自分の力を伸ばしていくことも出来るはずです。
自分の力を伸ばすことができれば、プライベートの時にでもその知識や腕を生かすことができるようになります。
ですので、仕事と趣味を兼ね合わせることによって、より成長していくことができそうです。

Filed under: 趣味・ホビー — uncov 2:32 PM

料理を趣味にした結果

残業が少なく、毎日定時で帰宅できる仕事についていたとき、終業後の時間をもて余していました。
余った時間を有意義使いたいと思いましたので、自分の身になること、つまりは習い事を始めたのです。
そして後々にそれが趣味に繋がればとも考えていました。
そんな私が選択した習い事は料理です。
理由は将来結婚した際や、自活をしなければいけなくなった際に身に付けていて損がない能力だと判断したからでした。

料理は家庭で女性がするものという固定概念があり、習いに行く前は女性ばかりの教室だろうなと思っていましたが、意外に男性も多く参加されており、驚きました。
近年男性が料理をする番組も増えていますし、それに影響されて料理を趣味にしたいと思う方も増えているのでしょうね。

無事一通り教室を通い終えた私は、以前よりも台所に立つ機会が増えました。
専業主婦になったので、当たり前と言えば当たり前なのですが、料理をすることについて義務感を持つより、楽しいしもっと研究したいと思うことが増えたのです。
人は食事を必ず摂りますから、それを美味しく楽しく過ごすことが出来ることはとても幸せなことのように思います。
習い事から始まりましたが、料理が趣味になって良かったと思うのです。

Filed under: 趣味・ホビー — uncov 10:24 AM

お医者さんの診断は食事療法でした。

息子はただ今2歳です。赤ちゃんの頃からひどい便秘症でした。昔から何度もお医者さんへは通っていて、薬をもらっていた時もありました。しかし、一番よいのはやはり食事を変えることだと言われ、その時から意識するようになりました。そして、少し改善されてはいたのですが、最近になって、またうんちが硬くなってしまい、トイレに行くのが辛そうです。一日に一回は必ず出るので便秘ではないとは思いますが、おしりが切れてしまいかわいそうです。本人も痛いとは言っていますが、その時だけでお風呂などでもけろっとしてるため、今のところ大丈夫かなぁと思っています。気がついた時には、前に処方してもらった塗り薬をつけたりしていますが、大変嫌がります。早く出やすいうんちに戻ってほしいです。
今のところは、お医者さんにいくまでもないあなと思い、家で様子をみておりますが、やはりなかなか改善されません。もともと水分をとる量が少ないかもしれません。遊びに夢中になってしまうと、お茶はほとんど飲みません。また食事においてもお茶はほとんど飲みません。お茶を飲まないので、よくスープを作ったりもしますが、そんなたくさん飲むわけではないからか全く効果はありません。しかし、果物はすごく好きで水分の多いみかんも今日は4つも食べました。便秘によいとされているバナナも大好きです。もう少し意識をするようにして、食事をかえないといけないのかなと最近は思っています。このままでは、本当におしりが痛そうです。

Filed under: 健康・医療 — uncov 12:56 AM

皮膚科の医者に食事療法を勧められて

私は、元々乾燥肌の体質です。乾燥肌だったため、ニキビなどは出なかったのですが、20才を過ぎたころ、顔に吹き出物が出始めました。最初は、お風呂でちょっとつぶして、白い芯をだして対処していましたが、だんだんつぶした跡が残るようになり、とある皮膚科に行きました。すごく満員で、しかも呼ばれてから、なかなか次の人の番がこなくて、私が見てもらえたのは2時間後でした。なぜ一人の診察が長いのか、わかりました。問診が異常に長いのです。
身長、体重、病歴などの問診はわかりますが、今朝食べた物、毎日食べる物、どんな飲み物を飲んでいるか、冷たいものが好きか、外食は多いか等、皮膚科のお医者さんが、食事に関する事を事細かに聞いてきました。普通の皮膚科は、治療する所を見て薬をぬり、ちょこっと話をして、薬をもらって終了だと思います。でもこの皮膚科のお医者さんは違いました。とにかく食事に関する事を聞いて、私の吹き出物を見て、薬をぬることもなく、まず毎日の食事を替えなさいと言われました。
乾燥肌や吹き出物、その他の肌トラブルの原因は、食事にあるそうなのです。まず、飲み物はオールシーズンぬるま湯、温かいお茶がいいそうです。冷たいものはもってのほかで、夏に冷たいものばかり飲んでいるから、皆肌がぼろぼろになるのだそうです。もちろん食事も温かいものがよくて、ご飯は玄米、温野菜やきのこを食べるように言われました。外食は控え、肉や油も摂らないように、お菓子もだめだそうです。薬は漢方薬しかいただけなかったので、なかか治りませんでした。正直、このお医者さんに言われた食事療法は完ぺきにしていませんが、冷たいものを控えるようにしただけで、胃腸の調子がよくなり、結果的に吹き出物もあまり出ないようになりました。

Filed under: 健康・医療 — uncov 6:48 PM

住宅を購入するのにモデルハウスを見学した

私は今の住宅を購入する時にどんな家を建てればいいのかまったく想像できませんでした。
初めての家の購入だからどうしていいのか迷ってしまうのです。
そこでみんなが家をさがす場合に利用しているのが、いろいろなハウスメーカーさんがモデルハウスを出しているところがあるのです。
そこに見学に行くことにしました。
なんと無料で家の中を見ることができるのです。
簡単なアンケートなどをかいたりしますが、それをかいたらそこのメーカーさんの情報が届けてもらったりすることができるのです。
タダで見られるのなら私も見に行ってみようと思って行ってみました。

すると10ぐらいのハウスメーカーさんのモデルハウスがありました。
私はすべてのメーカーさんの家を見比べてみようと思ったのです。
するとまず、外観から違っていました。
そして玄関も違うし、これは自分の好みで好きなメーカーさんを選べると思ったのです。
それぞれいいものを使っていて、そのモデルハウスにはその会社の売りに出しているところが詰まっていました。
だから自分が好きだと思う家を見つけてそのメーカーにすればいいと思います。
私もモデルハウスを参考にできたのでいい家が造れたと思っています。
見学は無料なので行ってみるといいです。

Filed under: 住まい — uncov 1:14 AM

住宅をイメージ付ける為にモデルハウス

住宅を考える時に、モデルハウスを見学してみると良いんじゃないかなと思います。
理由としては、モデルハウスと言うのは基本的に細心の家具屋外壁などを設置しているので、今後住宅等を建築予定という人にとってみれば、かなり良いんじゃないでしょうか。
やはり住宅を建てる時には、どうしてもお金が必要となりますし、簡単に買い替えするという事も出来ませんから、一つの目安として見学しておくのも良い事なんだと思います。
もしも全く分からなかったりする時には、住宅付近には担当者の方とかもいると思うので、気になる事は質問してみるのも良いかもしれません。やはり、実際の建物を色々見て見ると、理想として考えている物から、現実ではこの様にしなければならない位と言う所まで、折り合わせる事が出来るので、住んでからもギャップが無くなるんじゃないかなと思いますし、快適な建物を依頼する事が出来るんじゃないかなと思います。

モデルハウスは色々な用途で使える事が出来ると思いますので、今から住宅を建ててみたいけれども、全くイメージがわかないと言う人には、一度近所で行っている様なモデルハウスに赴いてみて、色々実際に見てみると良いんじゃないかなと思います。

Filed under: 住まい — uncov 3:42 AM

とんでもなく値段が高い!ビジネス関係の講演

ビジネス関係の講演は、非常に値段が高く設定されていることが多いです。筆者はある会社の一員として、そういった有料の講演を聞きに行ったという経験はないのですが、知り合いには、数時間で10万円もする講演を聞きに行きたいとゴネて、聞きに行かせてもらった人もいます。それはIT関係の講演で、新しい技術についてのものでした。その数時間で10万円もするというところに、筆者はすごく驚いてしまったのでした。数時間でいったい何がわかるのでしょう?本当に10万円も出す価値があるのでしょうか?ビジネス関係の講演が、どうしてこんなに高額なのかは、きっと、それなりの値段を払うから、内容がしっかりしていて安心だという側面があるのではないでしょうか?

「安いから、たいしたことを得られない」よりも、「高いから、有益なことを得られる」というほうが、ビジネスマンにとっては大事なのでしょう。しかし、研究熱心にその分野の本を日夜読んでいるようなビジネスマンにとっては、ちょっとやそっとの話が聞けるというだけで、講演に参加したりはしないでしょう。何かよっぽど目新しいことが聞けなければ、大枚を払ってまで、聞きに行かないでしょう。筆者は個人でいろいろなセミナーに参加したことがありますが、そういえば、そこまで貴重な話を聞けたという気はしないのでした。だから、「ビジネスの現場ではどうなのかな?」と思うのでした。みなさん、はたして、いい講演を聞きましたか?

Filed under: オフィス — uncov 8:38 AM

お世話になっているサイト