料理を趣味にした結果

残業が少なく、毎日定時で帰宅できる仕事についていたとき、終業後の時間をもて余していました。
余った時間を有意義使いたいと思いましたので、自分の身になること、つまりは習い事を始めたのです。
そして後々にそれが趣味に繋がればとも考えていました。
そんな私が選択した習い事は料理です。
理由は将来結婚した際や、自活をしなければいけなくなった際に身に付けていて損がない能力だと判断したからでした。

料理は家庭で女性がするものという固定概念があり、習いに行く前は女性ばかりの教室だろうなと思っていましたが、意外に男性も多く参加されており、驚きました。
近年男性が料理をする番組も増えていますし、それに影響されて料理を趣味にしたいと思う方も増えているのでしょうね。

無事一通り教室を通い終えた私は、以前よりも台所に立つ機会が増えました。
専業主婦になったので、当たり前と言えば当たり前なのですが、料理をすることについて義務感を持つより、楽しいしもっと研究したいと思うことが増えたのです。
人は食事を必ず摂りますから、それを美味しく楽しく過ごすことが出来ることはとても幸せなことのように思います。
習い事から始まりましたが、料理が趣味になって良かったと思うのです。

Filed under: 趣味・ホビー — uncov 10:24 AM